バーチャルオフィスとは

会社を設立するときは法務局で法人登記をしなければなりません。法人登記には本店所在地の住所が必要になりますが、本店所在地が自宅の住所では信頼性に欠けます。しかしオフィス物件を賃貸したりレンタルオフィスを借りるとなるとそれなりの初期費用が必要となってしまいます。そんな企業家をサポートしてくれるのがバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスでは住所、電話番号、FAX番号などを貸してくれます。バーチャルオフィスが提供している住所は法人登記に利用することができます(バーチャルオフィス運営会社によっては登記できない場合もあるので注意が必要です)。しかし同じ“貸す”でもレンタルオフィスとは異なり業務を行うスペースはありません。バーチャルオフィスには「貸し住所提供サービス」、「電話転送サービス」「来客対応サービス」、「書類保管サービス」、「レンタル会議室サービス」など様々なサービスがあります

バーチャルオフィスが人気な理由の一つに都心の一等地を本社所在地にできることです。ビジネスでは本社所在地によって会社の格(レベル)を推し量るものです。大手企業がこぞって東京、それも都心の一等地に本社を置くのは交通の便が良いなどの理由だけでなく、いわゆる“箔がつく”からです。しかしこれから会社を作ろうという人が都心の一等地にオフィスを借りたりしたらコスト面で大きな負担を抱えることになります。借りられても業務をするだけでいっぱいの広さ、書類を保管する場所なんてないオフィスが一般的です。そんなときこそバーチャルオフィスが活躍するのです。