利用するときの注意

バーチャルオフィスは人気の出てきたビジネスであり、ニーズの高まりもあり多くの人がバーチャルオフィスビジネスに参入してきています。そのため信頼性や安全性においてバーチャルオフィスもピンキリとなっています。バーチャルオフィス事業を片手間でやる事業者も正直かなり多く、ちょっと経営状態が悪くなると突然バーチャルオフィスを閉鎖してしまうことがあります。自分の意志とは関係ないところでの住所変更や保管書類の移動(新たな保管場所探し)は大きな負担となるので、できるだけバーチャルオフィスを専業としている事業者のバーチャルオフィスを利用するようにしましょう。

またバーチャルオフィスはペーパーカンパニーなど犯罪に利用されることも少なからずあります。バーチャルオフィスの事業者もそういうことのないように審査を厳しくしていますが、被害はゼロではありません。そのためバーチャルオフィスに対して、そしてバーチャルオフィスを利用している人に対して不信感を抱く人も少なくないことは理解しましょう。また借りた住所を以前犯罪や公序良俗に反するようなビジネスを行った企業が利用した場合はその記録が残り、何も関係ないのにあなたの事業にマイナスとなることがあります。借りる住所についても事前のチェックがとても大切です。気軽に利用できるバーチャルオフィスだからこそ、特に書類保管サービスを利用する人はその安全性や信頼性を出来うる限りチェックするようにしましょう。